ゆったりとした空間、落ち着いた雰囲気。バンコクでのご滞在は、便利で快適なVレジデンスへ。

ロイクラトング祭りの歴史

ロイクラトング祭りは昔からタイで行われた伝統の祭りである。11月後半から12月前半までは雨が多いため、川の水が多くなるので、ロイクラトング祭りはこの時限で行われる。特に12月の満月の日には月の明かりで川が綺麗に見れて人気のある月日である。

 元々ロイクラトング祭りはシヴァとヴィシュヌとブラフマーに捧げる「チョングパリャン」というヒンドゥー教の灯籠を空中に飛ばす儀式であった。仏教がタイで広めたあと、この儀式は仏陀のために捧げるものになった。

 プラルアンというスコータイ王の妾「ノパマート」は父のために蓮のような形といろんな形の灯籠を作った。書類によるとプラルアンは「これからのサイアム王は、12月の満月の日が来る度、仏陀の捧げに蓮の形の灯篭を造って流し続けるように」と言った。

ラタナコーシン時代になると、灯籠は大きく綺麗に作られるものであった。ラタナコーシン年代記にも灯篭のことが書かれた。

「元々は12月子望月から十六月まで(満月の頃)は、大きい灯籠を作ってくれと貴族と部下たちに頼む。灯籠はバナナの木のいかだなどいろんな形に作られrnた、幅は8ソーク(1ソークは0.5メートル)か9ソークで、高さは10ソークか11ソークであった。競う気で作られた灯籠は綺麗に飾られた。たとえば、rn須弥山のように飾られた灯籠やたくさんの花で飾られた灯籠であった。作業に参加した人物は百人に近いから20チャン(お金)までかかる場合もあった。」

現代、ロイクラトング祭りは全国で行われる大切な祭りである。特にチェンマイでは大きい灯籠と小さい灯籠のパレードがあり、灯籠と美人コンテストもある。

 灯籠を空中に飛ばすのは、北と東北ではまだやっている。空中に飛ばす灯籠はいろんな色の紙から作られる。灯籠を飛ばすには日の煙を使うのであrnる。夜、灯籠を飛ばすと、その灯籠と星空が輝いて良い眺めになるのである。


​ロイクラトング祭りの面白い情報

ロイクラトング祭りの伝説

ロイクラトングの伝説はいくつもある。

1.ガンガー女神にお詫びするための儀式。

2.海に住んでいるヒンドゥー教のヴィシュヌ神に捧げる儀式。

3.仏陀が天国から母にお説教をする時、その仏陀を歓迎するための儀式。

4.ナンマタナティー川の仏足席に捧げる儀式。

5.仏陀の髪の毛を保障する「プラジュラマニー」という場所に捧げる儀式。

6.天国に住んでいるバカブラフマーに捧げる儀式。

7.海の底に 修練しているウッパクッタデラに捧げる儀式。

タイのロイクラトング祭り歴史

タイのロイクラトング祭りはスコータイ時代から行っていた。当時は「ロイプラプラティープ」と呼ばれ、灯籠飛ばしという意味で、国民が楽しむ祭 りであった。そのあと、プラルアンの妾「ノパマート」が紙の灯籠の代わりに蓮のような灯籠を作った。この頃のロイクラトングはインドのナンマタナティー川 (現代はネラブッダ川)にある仏足席に捧げる儀式だった。

現代のロイクラトング祭り;

 現代のロイクラトング祭りはかなりオリジナル的に行われる。12月満月の日が巡る度、一般人はバナナの木や蓮など自然の物を材料に灯籠を作って 線香と蝋燭と花を飾って、願い事とガンガー女神にお詫びをして、川に流すのである。夜にお寺とかでは灯籠コンテストやミスノパマートコンテストやパフォー マンスや花火遊びもある。ちなみに灯籠の材料は自然になくなれる物の方が良いのである​


​ロイクラトング祭りの理由

タイのロイクラトング祭りの理由は1.人間は川の水を利用している、それに時々川を汚すことがあるからガンガー女神にお侘びをするため。

2.ナンマナティー川にある仏足席に捧げるため。

3.悩むことや病気を流し捨てるため。

4.北人が尊敬する、伝説的に鬼を倒せる力の持ち主お坊主、ウッパクッタデラに捧げるため。

タイ国政府観光庁(TAT)は観光客のため11月の間「水の色彩、ロイクラトングフェスティバル」を行います。「バンコクロイクラトング」、「スコータイrnのロイクラトングと蝋燭燃やしと花火」、「チェンマイのジーペン祭り」、「タークの千のクラトングサーイ流し」、「アユタヤのロイクラトング」のメインイrnベントを広告し、ロイクラトング祭りを国際的な観光イベントになるようにするため、そして観光者に「タイに行きたいなあ」と感じさせるように努力していまrnす。